7月からの2022年度 新規会員受付中

オーストラリアの事業体の考慮 – ビジネス、投資、不動産購入をする際は

business

オーストラリアの事業体は4つ

ビジネスを始める、賃貸不動産購入、投資をするのにどの形態で始めるか、を考慮することが大切です。オーストラリアには大きく4つの代表的な事業体があります。

  • 個人(ビジネスなら個人事業主)
  • パートナーシップ
  • 会社(カンパニー、法人)
  • トラスト

このように事業体には基本的に上記の4つがありますが、何が良いというわけではなくそれぞれに利点、欠点があります。そして、これは個々のケースによって変わってくるため、この人のこの状況ならこれがよい、といった人ごとに加え、その人の状況によっても変わってきます。

この事業体が大切なのは、”誰が”ビジネスをするのか、”誰が”不動産を持つのか、”誰が”投資するのか、に関わってくるからです。自分なんだけど・・・と思うかもしれませんが、自分ではありません。自分はあくまでその事業体を操縦するだけに過ぎません。

それぞれの事業体には利点、欠点がある

利点、欠点での考慮は大きく以下から成ります。

  1. 税金上の損得
  2. 責任問題
  3. 費用
  4. 手軽さ
  5. 資金調達手段
  6. オーナーシップ(所有権)
  7. ライフスタイル
  8. お金がどれくらい必要か
  9. 家族構成
  10. 長期ビジョン

多くの税理士、会計士は行っても(やるだけまだマシ)1,2の検討くらいしかしないのですがそれ以下も実は重要です。特に日本人はオーストラリアにあとどれくらい住むか、老後はどうするかなど、オーストラリア人より長期での戦略も必要となります。

また、稀に勘違いされている方がいますが、規模が大きいから会社とか、規模が小さいから個人事業主、ということはありません。規模により事業体に制限はありませんし、会社でないと人を雇えないとか、個人事業主だとGSTは関係ないとか、事業体により違いはありません。

  • とりあえず個人事業主でビジネス
  • 最初は気楽に個人事業主、後から会社とか
  • リスクを考え最初から会社でビジネス
  • 夫婦それぞれ別のビジネスをまとめて1つの会社で
  • 本業は雇用(雇われ)副業は会社で
  • 投資もトラストや会社で行っている
  • 会社でビジネス、トラストが株主
  • 一部の不動産はトラストで、一部は個人で
  • ご主人社長、奥様株主というご家庭の力関係=ビジネスの力関係になっている会社
  • 会社の株主がパートナーシップ
  • トラストで買った資産を会社に貸している

などいろいろな状況があり、メリット、組み合わせは多。

ビジネスに関しては過去のオーストラリアで起業する – ビジネスを始める5ステップもご覧ください。

オーストラリアで起業する – ビジネスを始める5ステップ

最初が肝心

特に日本人は最初に何も考えずとりあえず、始めよー、という方が多いのですが、場合によって、長い目で見れば高くつきます。ちゃんとEzy Taxに相談しましょう。これも目先の請求書の金額だけが費用じゃない、ということに関連します。あとから変更するのに手間になることや、税金の問題が発生することや、後から変えても問題ないけど、結局費用が多くかかったなどというケースがあります。

結局、無駄に税金を払う羽目になった、という方もいます。

会社でビジネスを始めてればよかった、トラストで不動産を買っとけばよかった、SMSF(自己スーパーアニュエーション)で投資すればよかった、などいろいろ。

Ezy Tax はどの形態でビジネス、投資をしたらよいかなど、税金、会計に関することは全て承っております。特にビジネスの場合は初回の起業相談の一環にもなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。