2021年度 新規会員受付中

ビジネス、投資、不動産購入をする際は

business

個人、会社、トラスト、パートナーシップ、ビジネスを始める、賃貸不動産購入、投資をするのにどの形態で始めるか、を考慮することが大切です。

ビジネスに関しては過去のこちらの記事をご覧ください。

特に日本人はお金を掛けず取り敢えず、始めよー、という方が多いのですが、場合によっては長い目で見れば高くつきます。これも目先の請求書の金額だけが費用じゃない、ということに関連します。あとから変更するのに手間になることや、税金の問題が発生することや、後から変えても問題ないけど、結局税理士費用が多くかかったなどというケースがあります。

この決定にはいろいろな点を考慮する必要があり、個々人によって最適な形態は異なってきます。ビジネス、賃貸不動産、投資によって変わってきますし、ビジネスの業態、賃貸不動産をどれくらいのローンで買うかどうか、家族構成、ライフプランニング、どれくらい稼ぐ予定か、によっても変わってきます。
特に日本人はオーストラリアにあとどれくらい住むか、老後はどうするかなど、オーストラリア人より長期での戦略が必要となります。

結局、多くの税金を払う羽目になった、という方も多。

会社でビジネスを始めてればよかった、トラストで不動産を買っとけばよかった、SMSF(自己スーパーアニュエーション)で投資すればよかった、などいろいろ。

Ezy Tax Onlineはどの形態でビジネス、投資をしたらよいかなど、税金、会計に関することは全て承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です