2021年度 新規会員受付中

ABNとは – 知らずに損する ABNとタックスリターン【税理士解説】

ABNとは

ABNというのはAustralian Business Numberの略で個人事業主、自営業者がビジネスをするためにAustralia Business Register (ABR)に登録が義務付けられている番号です。間違ったABNの使い方に政府もメスを入れており、条件をクリアしないとABNは本来取得できません。

ABNはABN Searchで公示されます。

ABN取得の問題点

上記の通り、ABNは本来個人事業主としてビジネスをするためのものです。

最近 ABR もABNの不正利用を気にしており、ABNを取得して使ってない人、コントラクターとして働き雇われているのと何も変わらない状態なのにABNを使って働くという、ABNの間違った使い方に躍起になっております。最近ABRから電話や手紙でABNをキャンセルするという連絡を受けた方もいるのではないでしょうか。

例えばクリーナー、マッサージ、美容系、ウェブデザインなどの業界です。仕事先にABNを取ってくれ、と言われ安易に取りますが、意味を分かってABNを申請することをお勧めいたします。

また、ABNは上記のように個人事業主扱いです。雇われているわけではないため、万一の事故、損害も自分で責任を取る羽目になります。

ABNで働くように頼まれるのは、多くの場合最低賃金規定逃れ、スーパーアニュエーションを払いたくない、など負の理由であることが多いのが実情です。また、雇われているのではなく、やっていることは雇われているのと何も変わらない状態なら、ABNで働いている場合もスーパーアニュエーションをもらえます。

ABNとタックスリターン

しかし、これとタックスリターンできちんと収入を申告することは別問題。収入を得たら申告する、というのがタックスリターンの原則です。

では、どのようにタックスリターン申告するのか。ABNというのは上記にある通りビジネスをする個人事業主のためのものです。つまり、雇われていないため自分で収入、経費の管理をしなくてはなりません。会計年度内にいくら稼いだか、をノートやエクセルに記録しタックスリターンに使います。つまり、自営業者ですのでいくら稼いだかというのは自分で管理する必要があります。

個人事業主 フリーランス Uber – ABNのタックスリターンと税金でABN個人事業主の方のタックスリターンについて詳しく解説しています。

ABNを持っているとタックスリターン申告が義務

ABNを持っているとタックスリターンの申告義務が生じます。返金の有無、税金の支払い発生、ABNを実際使ったかは関係ありません。むしろABNを持っている人は申告しないと罰金の対象となります。これはABNを持っているということはビジネスをする、ということを宣言していることになり、その人がタックスリターンを申告していないというのはおかしいというのがATOの考えです。

上記の通り、ABNの不正利用、ABNを持っているのに何も税務順守を守っていないなど、トラブルになるため安易にABNは取るものではありません。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です